そばかすや肝斑もしみの一種。それぞれに効果的な治療法とは。

治療法

シミやそばかすの治療法といっても様々な方法があります。
範囲やシミの種類、症状の深刻さによっても治療方法や治療器具が異なります。
フォトフェイシャルといわれる光を使う機器やレーザー機器や注射や針治療、また外科的な施術ではなく塗り薬によってしみ取り治療が行われる事もあります。
特に一般的なのがフォトフェイシャル治療です。
専用の機器でシミやそばかす、肝斑が気になる部分に光を照射すると、原因となっている沈着したメラニンの排出を促します。
メラニン色素を体外に排出するのを促進させるので即効性がある治療方法ではありません。
しかし、継続して利用していく事で改善することが出来ます。
特に薄いしみやそばかす、肝斑に効果的な方法となります。
更にフォトフェイシャルを行う事で、皮膚内でコラーゲンの生成も促します。これによって、シミやそばかす、肝斑が改善されるだけではなく、肌にハリが戻り美肌を手に入れる事も可能となります。
フォトフェイシャルでは、しみ取りをしながら、透明感とハリのある肌を手に入れて若々しさを取り戻すことも出来るのです。

老人性色素斑によって濃いシミが出来た時にはレーザー治療が有効になります。
特殊なレーザーによって、メラニン色素にだけダメージを与える事で、しみ取りに効果的です。
しみ取りを手早く行いたいのであれば、レーザーは即効性もあり有効な手段です。
レーザー治療も極力肌に負担がないように行われますが、フォトフェイシャルと比較するとどうしても肌にダメージが残ってしまいます。
その為、施術後には2週間程度、施術部位にテープを貼って肌を保護することが必要になります。
しかし、その分しみ取りの効果も絶大で、施術後1週間程度で施術部位から黒ずんだ皮膚が剥がれおちるという効果が出る事もあります。
更にフォトフェイシャルと同じようにコラーゲンの生成を促し、更に毛穴を引き締めるので美肌を手に入れることも出来ます。

レーザーやフォトフェイシャルによる大掛かりな治療を行いたくない、という人にはハイドロキノンを利用する手段もあります。
最近になって厚生労働省によって認可が認められた薬品で優れた美白効果があります。
肌の内部にある色素沈着を脱色する効果があり、シミやそばかすの治療にも使われています。
洗顔後にシミやそばかす、肝斑がある部位に塗るだけです。
利用方法は簡単ですが、注意も必要な薬で、特にシミやそばかすを改善したいという時には成分濃度の高いハイドロキノンが処方されます。
これを顔全体に塗布すると、白斑といって肌の部分が白く色が抜けてしまいます。
そばかす、しみ取りの目的だけで利用するのが適切です。
皮膚に対する刺激も強くしっかりとしたケアが必要となるので、利用する際には専門医の注意を良く聞いて利用しなければなりません。
レーザーやフォトフェイシャルに比べると、効果が現れるまでに時間がかかります。
しかし、処方されて薬がなくなるまで通院する必要がなく、手間も少ない自宅で出来るしみ取りの方法として非常に有効です。