そばかすや肝斑もしみの一種。それぞれに効果的な治療法とは。

種類

しみはそれぞれ症状が異なり、症状によって呼び方が異なります。その為、しみ取りの治療法もそれぞれ異なります。
一般的にシミとして呼ばれるのが老人性色素斑といわれるものです。
紫外線を浴びる事でこの症状が起こります。
老人性色素斑と呼ばれるシミの特徴は、色がはっきり出るという点です。
色が濃く出て、他の皮膚部分と比べて非常に目立ってしまいます。
若いころから浴びた紫外線によるダメージが蓄積されて症状が出る為、通常通りの皮膚細胞の循環がスムーズに行えるようになっても症状が改善されにくいです。

そばかすは雀卵斑といわれるもので、その原因の殆どが遺伝によるものです。
鼻周りに斑点が表れ、日焼けする事によって色が濃くなります。
前述した通り20代後半になってから、症状が軽くなるという事も多いですが、ケアをしておくのに越した事はありません。

肝斑は最近名前を聞く機会が多くなった肝斑もシミの一種です。
紫外線だけじゃなく、ホルモンバランスの崩れも原因として挙げられ、30代から40代の女性に表れやすい症状です。
一般的にシミと呼ばれることが多い老人性色素斑に比べると、色は薄くぼやけていますが、顔の各部位に現れる事もあります。

その他に炎症によって色素沈着したシミもあります。
このシミも紫外線によって、悪化する為注意が必要です。

これら全てのシミに対して美容外科では効果的なしみ取りの治療方法が準備されています。