そばかすや肝斑もしみの一種。それぞれに効果的な治療法とは。

美容外科に行く前に

美容外科ではしみやそばかす、肝斑に効果的なしみ取りなどの治療が行えますが、その前に自分でセルフケアを行う事で、症状が軽くなることもあります。
特に重要なのが紫外線対策と生活習慣の改善です。
前述した通り紫外線によってメラノサイトが刺激されメラニンが発生し、しみや肝斑の原因となり、そばかすの症状が重くなります。
日傘やサングラス、日焼け止めクリームなどを普段から利用する事で、しみや肝斑、そばかすが悪化するのを防ぐことが出来ます。
しかし、これだけでは十分だとは言えません。

メラニンが生成される原因は紫外線だけではありません。
ストレスや生活習慣によってもメラノサイトが刺激され、メラニンが生成されます。
カフェインの過剰摂取や睡眠不足によって身体の免疫力が低下して、メラニンが発生してしまいます。また睡眠時は新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されます。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌量が減ると、古い細胞から新しい細胞に生まれかわるサイクルが崩れてしまいます。シミの原因となるだけではなく、シミが出来た肌から健康な肌に生まれ変わらせる為の働きも阻害されてしまいます。
またストレスも大きな要素となります。ストレスは睡眠不足を引き起こすだけではなく、ホルモンバランスを崩してしまいます。
特に肝斑はホルモンバランスの崩れから発症することも多い為、ストレスケアが非常に重要です。
中年になるとホルモンバランスは崩れやすくなりますので、適切な生活習慣が大事になります。

運動や食事や睡眠といった基本的な生活習慣を改善するだけでもシミやそばかすといった肌の悩みの予防や改善に役立ちます。