そばかすや肝斑もしみの一種。それぞれに効果的な治療法とは。

  • 種類
  • 美容外科に行く前に
  • カウンセリング

肌の悩み

肌荒れやニキビといった肌の悩みを経験する人は多くいますが、特に深刻になるのが「しみ」や「そばかす」や「肝斑」といったものです。
どれも同じメラニンという物質を作り出すメラノサイトが過剰に働いて、症状が表れます。
主に紫外線によって、このメラノサイトは活発に働いてしまいます。
しかし、メラニンが必ずしも悪いという訳ではありません。
元来メラニンは、皮膚細胞に直接紫外線があたるのを防ぐために作られています。
「そばかす」「肝斑」もしみの一種であり、表れ方や症状によって呼び方が変えられます。

白人に比べると黄色人種は、そばかすは出にくいのですが、しみについては非常に出やすい特徴があります。
これにはメラニンの生成量が関わっています。
日本人は紫外線ケアをしなければ、しみになる可能性が高いのです。
そばかすは小さい頃に症状が出るケースが多いですが、しみや肝斑の多くは大人になってから発症することが非常に多くなります。
そばかすは人によっては20代の後半から治まるということもありますが、皮膚細胞の循環が鈍くなってくる中年になってから発症するしみや肝斑は治療がしにくいです。

これらの問題を早期に解決するのであれば、美容外科での治療が勧められます。

  • 治療法
  • アフターケア
  • 病院選び